注意点について

これから消費者金融でできるだけお得にお金を借りたい場合の注意点を紹介しましょう。まずは本当に必要なときにだけ利用しましょう。いつでも気軽に利用できるのが消費者金融ですが、必要のないときにまでお金を借りるべきではないです。できるだけ借りないようにすれば利息を減らすことができます。

円マークお金を借りたあとはできるだけ早く返済しましょう。返済する期間が長くなってしまうと、その間ずっと利息が発生してしまいます。基本的に利息というのは借入期間が長くなるほどその負担が大きくなってしまうものです。すぐに返済できるならば、それに越したことはありません。無利息期間は有効活用しましょう。その期間内にきちんと返済することができれば、利息の負担を恐れる必要がなくなるのです。

お金を借りる際にはできるだけ金利の安いところで借りるようにしましょう。金利というのは借りる時の状況によって変化します。その人の属性や借入限度額、借り入れる額などによって異なるのです。これまでにたくさん利用したことがあるならば、金利が下がることが多いです。信頼があり、その人にお金を貸してもきちんと返してくれると判断できるからです。利用限度額の増額の案内が来ることがあります。限度額が上がれば、金利は下がります。

無利息で借りるには

どうしても無利息で消費者金融からお金を借りたいならば、無利息期間を用意しているサービスを利用しましょう。最近、消費者金融の中には無利息期間を設定して、その期間内に返済することができれば無利息にしてくれるところが増えています。30日間無利息であることが多いです。まとまった額を借りたとしても、翌月の給料やボーナスですべて返済できるならば、無利息期間の適用を受けることができるため、利息は発生しません。したがって、お金を借りてもまったく損をすることがなくなるのです。

お金基本的に大手の消費者金融であれば、どこも無利息期間のサービスを行っています期間も30日となっていることが多いです。ただし、中には1週間のみとなっているケースや、5万円までの利用ならば180日間無利息となっているケースもあります。それぞれのサービスに条件が異なっていることがあるため、詳しく調べておきましょう。ただし初回利用に限定されていることもあります。期間が終了してしまうと利息が発生してしまうため注意しましょう。

他にも、1週間無利息という消費者金融もあります。期間は短いですが、条件を満たせば何度でも無利息サービスを利用できるシステムになっていますので、上手に活用すればいつまでも無利息でキャッシングが可能です。これから消費者金融を利用する際には、サービスの詳細をよく確認しておきましょう。

推奨リンク-消費者金融
・・・1週間無利息サービスを実施している消費者金融のサイトです。

基本的に利息がかかる

消費者金融のキャッシングサービスを利用すると利息がかかります。利息というのは金利によって計算されるものです。金利は基本的に年利の数字が表示されています。借りたお金のうちどのくらいの割合を利息として支払わなければいけないのかを示しているのです。金利が10%であれば、1年後には借り入れたお金の1割を利息として支払わないといけません。

この金利は法律によって規制されています。上限は20%となっています。ただし、これは10万円未満の借入の場合であり、10万円以上100万円未満であれば18%となっています。そして、多くの消費者金融では上限金利を18%にしていることが多いです。10万円未満の少額の借り入れをするケースはほとんどないからです。また、100万円以上借りる場合は15%が上限となっています。どのくらいの額を借りるかによって、金利は基本的に変化します。高額なお金を借りるほど金利は低くなるでしょう。

借入額が少額の場合は金利による影響はそれほど大きくはありません。1万円借りて金利が18%の場合は、1年後に1800円の利息が発生することになります。しかし、借入額が高額になってくると、利息の負担も大きくなってしまいます。そこで無利息でお金を借りたいという方が増えてくるのです。